◆◆◆ブログ名変更にあたって◆◆◆
「ワンステップ」の再現をあきらめたわけじゃない。でも、今の福島には、もっと重要な課題がある。だから今は、今なすべきことに全力。そして必ず福島に集おう。福島を、世界の人々の集う広場にしよう。
「街に緑を!若者に広場を!そして大きな夢を!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治を変えないとどうにもならん、「市民選対」構想について
#yamerunakan #脱原発 #緑党
このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は久し振りに動物問題から離れた事を書いてみる。でも警戒区域の動物救出も、殺処分の撤廃も、その他あらゆる動物の生きる権利の問題も、政治が変わらなかったら前に進めない。

【1】政権が変わっても支配している利権が変わらなかったら政治は変わらない

私は政治家ではない。どこの政党にも所属していないし、懇意にしている議員すらいない。政治に関しては全くの門外漢だった。

しかし3.11以降、様々な問題と関わっていくうち、政治を変えないとどうにもならんということに気付き始めた。何党がどうこうじゃない。政治の世界には、党派を超えた「利権」が存在し、それが、庶民のあらゆる願いを踏みにじっているのだ。

その最大の利権が、原発利権。この利権を囲い込んだ政治家、財界人、官僚らは、組織の力、数の力、金の力、マスコミの力、あらゆる力を使って、命を守れという当たり前の国民要求を踏みにじっていく。

政権交代しても何も変わらなかったのはそのせいだったんだ。何党に変わろうが、支配している利権が同じなら、何も変わるはずがなかったんだ。


【2】だから利権に関わらない一般庶民を政治の世界に送り出す事が必要なんだ

本当の政権交代とは、利権で食っている政治家をやめさせて、かわりに利権と関わりを持たない一般庶民が議員バッジをつけていくことじゃないのか。

そんなこと出来るのかって?出来るさ。だって、一票を投じるのは、利権と関わりを持たない一般庶民なんだから。


【3】今まで選挙に行かなかった一般庶民が選挙を戦う「市民選対」構想

みんなー、選挙に行ってるかい?二人に一人は行ってねーだろ。投票率なんてそんなもん。大政党や宗教政党の組織票に組み込まれている人以外、ほとんど投票所に足を運ばない。そんな選挙が日本中に蔓延してる。

しかし、選挙に行かない二人に一人は、今の政治をおかしいと思っている人。政治を変えたいと思っている人のはず。

そういう庶民が集まって「市民選対」を作ろうじゃないか。「選対」は原則、各市町村に一つずつ作る。特定の政治団体に偏らないこと、政党との協力関係は対等の立場で結んでいくことなどの会則を定めた上で、たとえば
  • 原発利権首長や議員のリコール運動
  • 市町村長選・市町村議選などへの無党派市民候補の擁立
  • 同、無党派市民と連帯できる政党候補者の推薦
  • 県政・国政選挙における無党派市民候補の擁立や、他自治体市民選対・政党等との選挙協力
など、今まで政治家や政治家の後援会、政党などがやっていたようなことを全部庶民がやってしまう。

どうだい、「選対」を作るだけでも、政治が庶民の物になっていくって思わないか。

全ての「市民選対」はそれぞれ独立して地元の政治に責任を持つ存在と規定した上で、全国連絡組織も作ろう。そこが各政党との窓口になって、全国的な政策協定や選挙協定等を締結していく。こうなりゃ庶民が今の大政党並みの力を持っていくことになる。庶民だって数がまとまりゃすごいんだ。

スポンサーサイト

テーマ : 脱原発
ジャンル : 政治・経済

個別の記事でなくサイト全体をツイートする場合はこちらのボタンをお使いください
このブログをはてなブックマークに追加
個別の記事でなくブログ全体をブックマークする場合はこちらのボタンをお使いください
ご協力をお願いします
警戒区域の動物救出のための一斉要請アクション・第二弾
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

アッサム山中

Author:アッサム山中
かつては東京にいて、ブルースバンドでギターを弾いていた。今は新潟の山の中に住んで、静かにアコギを弾いている。電気は来てるんだけどねw

@assam_yamanaka
assam_yamanakaのフォローをお願いします

Introduction
震災復興を目指して福島県で開かれた伝説の巨大ロックフェス「ワンステップフェスティバルを再現しようぜ」と呼びかけてきたこのブログですが、今こうした計画を進める事は、原発惨事の規模や被ばくの危険を過小に装う政治の不正に手を貸し、命すら危険にさらしかねません。そこでいったんブログ名を変更、引き続き復興支援に努めつつ、改めてフェス開催の目標に向かって進んで参りたいと思います。よろしくお願いいたします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
外部コンテンツ
Twitter
連絡先
アンケート
動物達を生かすための里親制度ができたら、里親として月にどのくらいの金額なら3年間継続的の支援しますか?(財力と継続的意思がありますか?)
検索フォーム
リンク
Attention
脱原発webステッカー
ご自由にお持ち帰り下さい
複製再配布自由です


リンクバナーではありませんので、どこにもリンクを付けずに画像を貼るだけでOKです
Our Songs
イルカ/いつか冷たい雨が

忌野清志郎/Imagine


RCサクセション/サマータイムブルース~LOVE ME TENDER


共に歌おう。
あなたが歌う時、おいらも歌う。
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。