◆◆◆ブログ名変更にあたって◆◆◆
「ワンステップ」の再現をあきらめたわけじゃない。でも、今の福島には、もっと重要な課題がある。だから今は、今なすべきことに全力。そして必ず福島に集おう。福島を、世界の人々の集う広場にしよう。
「街に緑を!若者に広場を!そして大きな夢を!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とあるGINZAのチャリティライブ このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、Social Imagineという所が主催するSocialTOURというイベントがあった。場所は銀座。東京にいた頃ならすぐに駆け付けられる場所だったけど、今は新潟の山の中なのでネットで参加。Ustreamでライブ配信されたのだ。

Social TOURは、被災現場・被災者の声をもとに支援物資を募り、必要とする人や場所へ必要とするものを届けるために、支援団体および様々なアーティストが一体となって、継続的に行動できる一つのモデルケースを示すものです。
(出演アーティストのお一人、MIYAKOさんのオフィシャルブログより引用)
http://ameblo.jp/miyako-creative/entry-10842348919.html

昼間は予めネットで呼びかけておいた支援物資をみんなから受け取って集積。街頭で義援金の呼びかけも行われた。
その写真がこれなんだけど……。おや!これはまぎれもなく、いとうまい子さん!!
 ←クリックでtwitpicのページが開きます

ライブにはいなかったから、街頭活動のためだけに駆け付けてくれたんだね。ありがとう、まいまい!!

夜は国際児童基金のサロンに舞台を移してチャリティライブ。ネットのこちら側からもたくさんの人達が参加。みんなでUstreamの配信を見ながらTwitterで語り合い、会場にいるような臨場感で楽しませてもらった。

全てのアーティストが歌い終わった後は、祈りの時間。アーティストも観客もみんなが一つの輪になって、手をつなぎ、全員でアメイジング・グレイスを歌った。もちろんネットのこちら側の私達も歌った。

ちょっと話は逸れるが、この曲が生まれたいきさつを、皆さんはご存じだろうか。この名曲の作詞者、ジョン・ニュートン牧師は、元は船乗りだった。時は18世紀。彼は奴隷貿易で巨額の富を得るまでになる。しかし、彼が船長として乗り組んでいた船が、嵐に遭遇した。船は激しい波に飲み込まれそうになった。その時彼は初めて心の底から神に祈ったという。その数年後、彼は船を下りた。そして聖書を学び牧師になったが、船を下りて十数年経っても、彼はずっと奴隷貿易に関わってきた過去を忘れなかった。その深い悔恨と、それでももたらされた神の愛に感激する心を歌ったのが、アメイジング・グレイスだ。

アメイジング・グレイス、何と美しい響きなんだ、私のような者までも救ってくれる。そう歌い出すこの曲は、けっして聖人聖者ではない自分にも愛に基づく何かが出来る、そういう勇気を与えてくれるが、それはジョン・ニュートン牧師の、リアルで真摯な思いが込められているからだと、私はそう思う。

とにかく、そんなアメイジング・グレイスをみんなで歌った。そして目をつぶり、被災者の皆さんに思いを馳せ、手を取り励ます様子をイメージし、さらに被災地が復興して街にいつもの暮らしと笑顔が戻る日をイメージしつつ祈った。ネットのこちら側もみんなが心を一つに合わせた。この思いと力を被災地に届けようと、静かに、しかし深く、心に誓い合った。

トラックを駆って被災地に向かってくれるという運転手さんの紹介もあり(可愛い小学生の娘さんも一緒に登壇)、ネットのこちら側からも、頼んだぞ、任せたぞのメッセージが飛び交った。

思想も信条も立場も違うであろう人々の心が一つになった。ここには組織間の鞘当ても、イデオロギー的な対立も何もない。ただ人間としての、やむにやまれぬ願いの一点で結び合わされた絆があるのみ。たくさんのアーティストが参加した。たくさんのボランティア団体が参加した。たくさんの人々が参加した。けっして何千人も集めるような大きなイベントではなかったが、そこに築かれた絆は強く大きかったと思う。

このイベントは出発点だ。ここから皆が歩き始めていく。一人では歩けない原野だって、みんなで歩けば何とかなる。しかもみんなで歩けば、その後に道が出来る。それが絆の力。その絆を結んだ歌の力をたっぷり感じることができた。イベントの様子は次のサイトで見られるので、ぜひ皆さんも会場の様子を感じてみてもらいたいと思う。

このイベントを主催した「Social Imagine」のページ
http://socialimagine.com/team/

テーマ : 東北地方太平洋沖地震
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

個別の記事でなくサイト全体をツイートする場合はこちらのボタンをお使いください
このブログをはてなブックマークに追加
個別の記事でなくブログ全体をブックマークする場合はこちらのボタンをお使いください
ご協力をお願いします
警戒区域の動物救出のための一斉要請アクション・第二弾
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

アッサム山中

Author:アッサム山中
かつては東京にいて、ブルースバンドでギターを弾いていた。今は新潟の山の中に住んで、静かにアコギを弾いている。電気は来てるんだけどねw

@assam_yamanaka
assam_yamanakaのフォローをお願いします

Introduction
震災復興を目指して福島県で開かれた伝説の巨大ロックフェス「ワンステップフェスティバルを再現しようぜ」と呼びかけてきたこのブログですが、今こうした計画を進める事は、原発惨事の規模や被ばくの危険を過小に装う政治の不正に手を貸し、命すら危険にさらしかねません。そこでいったんブログ名を変更、引き続き復興支援に努めつつ、改めてフェス開催の目標に向かって進んで参りたいと思います。よろしくお願いいたします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
外部コンテンツ
Twitter
連絡先
アンケート
動物達を生かすための里親制度ができたら、里親として月にどのくらいの金額なら3年間継続的の支援しますか?(財力と継続的意思がありますか?)
検索フォーム
リンク
Attention
脱原発webステッカー
ご自由にお持ち帰り下さい
複製再配布自由です


リンクバナーではありませんので、どこにもリンクを付けずに画像を貼るだけでOKです
Our Songs
イルカ/いつか冷たい雨が

忌野清志郎/Imagine


RCサクセション/サマータイムブルース~LOVE ME TENDER


共に歌おう。
あなたが歌う時、おいらも歌う。
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。