◆◆◆ブログ名変更にあたって◆◆◆
「ワンステップ」の再現をあきらめたわけじゃない。でも、今の福島には、もっと重要な課題がある。だから今は、今なすべきことに全力。そして必ず福島に集おう。福島を、世界の人々の集う広場にしよう。
「街に緑を!若者に広場を!そして大きな夢を!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北東日本大震災復興支援ひまわりプロジェクト このエントリーをはてなブックマークに追加

「ニッポンをつなぐひまわりの花・東北東日本大震災復興支援・ひまわりプロジェクト」と銘打った活動が行われている。提唱者は高杉’Jay’二郎(DJ JIRO)さん。

まー、まー、まー。ラジオDJ JIRO,高杉’Jay’二郎のSmile blog
http://jay.laff.jp/blog/


活動の内容は実にシンプル。義援金や救援物資などに協力してくれた人を見つけたら、その善意に出会えたことの喜びをひまわりの種に託して「ありがとう、これお返し」と手渡していくというものだ。

東北東日本大震災復興支援「ひまわりプロジェクト」
http://himawari-pt.blogspot.com/


詳しいことは上記サイトを見て頂くとして、私も早速ひまわりの種を調達してきた。で、ひまわり柄のラッピングペーパーで内職のように小袋を作り、その中に10粒ずつひまわりの種を入れ、
http://himawari-pt.blogspot.com/p/blog-page_2430.html
こちらのページの「趣旨」をプリントアウトした紙を封入して準備完了。今、少しずつ配っている。

「義援金協力してくれたんだって?ありがとう、はい、お返し」とやると、たいてい「何であんたがお返しすんだよ」と驚かれるが、プロジェクトの趣旨を説明するとすぐ納得してもらえる。そして、自分も今度は感謝の気持ちを表す側になろうと言ってくれる。こうしてひまわりの種が、笑顔と感謝の心を乗せて広がっていく。

時は春。ひまわりは春まきの植物だから、まさにこれは春にふさわしいプロジェクトだ。しかも6月中旬くらいまでに播けば十分夏に間に合うので、まだまだ種を配る時間はたっぷりある。

なお、プロジェクトの意向とは関係ない私の個人的な考えだが、庭がない人が多い都会で配る場合は、品種はミニヒマワリがいいんじゃないかと思う。ミニヒマワリなら草丈が低く抑えられるのでプランターでも倒れにくく育てやすい。もちろんあまり密着して植えない方がいいけど、逆にちょっと混み合った植え方をすることで、1本1本はややひ弱でも、プランター全体としてはこんもり花盛りになるという植え方をしても構わない。

【参考】種まき初心者のガーデニング|花別種まき育苗方法(ミニヒマワリ)
http://2hankan.com/T-minihimawari.html


ちなみに、日赤や共同募金会でやっている義援金は9月30日まで受け付けが続く。ひまわりの花が咲き終わる頃まで、ずっと続いていくわけだ。

分配が遅いと非難の声も上がっているが、義援金の目的は、当面の避難生活の資金にするだけではない。向こう何年もかかって取り組まれていく、被災者一人一人の生活再建を支援するという大切な意味も持っている。

どうか、今すぐ届かないなら意味がないなんて思わないでほしい。ひまわりの花が咲き終わる時まで、ずっとずっと被災地のことを想い、募金を続けていってほしい。そんな願いも込めて広げていくひまわりの花。日本中に咲かせよう。そして日本中を笑顔にしよう。

そうだ。郡山でワンステップフェスティバルが開ける目途が立ってきたら、その年の春のプレイベントとして、みんなで今配られていくひまわりの種の子孫を持ち寄って植えるイベントをやろうか。もちろんひまわりは北米原産なので、野生化するような植え方をしたら問題だけど、それは花が終わった後の管理をきちんとすれば大丈夫ということで、会場周辺をひまわりで埋め尽くそうじゃないか。

みんなの愛のひまわりに囲まれたロックフェス。みんな、その日を目指して、
あなたの町で
あなた一人からでも始められる

この「ひまわりプロジェクト」のワンステップを、ぜひ踏み出してみてほしいと思う。

テーマ : 東北地方太平洋沖地震
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ヒマワリはセシウムを吸い出しますからいいですね。

 

コメントありがとうございます。なんかそうらしいですね。色んな意味で、ひまわりプロジェクト、大きく広がるといいなぁと思っています。
個別の記事でなくサイト全体をツイートする場合はこちらのボタンをお使いください
このブログをはてなブックマークに追加
個別の記事でなくブログ全体をブックマークする場合はこちらのボタンをお使いください
ご協力をお願いします
警戒区域の動物救出のための一斉要請アクション・第二弾
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

アッサム山中

Author:アッサム山中
かつては東京にいて、ブルースバンドでギターを弾いていた。今は新潟の山の中に住んで、静かにアコギを弾いている。電気は来てるんだけどねw

@assam_yamanaka
assam_yamanakaのフォローをお願いします

Introduction
震災復興を目指して福島県で開かれた伝説の巨大ロックフェス「ワンステップフェスティバルを再現しようぜ」と呼びかけてきたこのブログですが、今こうした計画を進める事は、原発惨事の規模や被ばくの危険を過小に装う政治の不正に手を貸し、命すら危険にさらしかねません。そこでいったんブログ名を変更、引き続き復興支援に努めつつ、改めてフェス開催の目標に向かって進んで参りたいと思います。よろしくお願いいたします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
外部コンテンツ
Twitter
連絡先
アンケート
動物達を生かすための里親制度ができたら、里親として月にどのくらいの金額なら3年間継続的の支援しますか?(財力と継続的意思がありますか?)
検索フォーム
リンク
Attention
脱原発webステッカー
ご自由にお持ち帰り下さい
複製再配布自由です


リンクバナーではありませんので、どこにもリンクを付けずに画像を貼るだけでOKです
Our Songs
イルカ/いつか冷たい雨が

忌野清志郎/Imagine


RCサクセション/サマータイムブルース~LOVE ME TENDER


共に歌おう。
あなたが歌う時、おいらも歌う。
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。