◆◆◆ブログ名変更にあたって◆◆◆
「ワンステップ」の再現をあきらめたわけじゃない。でも、今の福島には、もっと重要な課題がある。だから今は、今なすべきことに全力。そして必ず福島に集おう。福島を、世界の人々の集う広場にしよう。
「街に緑を!若者に広場を!そして大きな夢を!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物の生きる権利の政治的確立を目指す団体が必要だ
#311animal #nofur
このエントリーをはてなブックマークに追加

警戒区域の動物救済に尽力している人達から、色々な情報が入ってくる。そして、どう考えてもおかしいと思える行政のやり方に、怒りをおぼえることが少なくない。

たとえばこんなことがあった。

「○○町は、政府の指示が変わって家畜を生かせるようになったのに、そのことを住民に知らせないんですよ」
「え?なんで?」
「町全体が帰還困難区域だから、知らせてもどうせ飼養管理なんて出来ないからって」
「そりゃおかしい、20km圏内の中なら他の町に移動させてもいいことになってるのに」
「ところが○○町は家畜の移動を許可しないって」
「政府が認めている移動を町が認めないなんて…。その結果牛が殺されたら、それは財産権の侵害でしょう。そんな不法なこと、公式に決められるわけがない」
「うん、きっと公式な決定じゃないと思う。でも現場の職員がそう言い張ったら、誰も逆らえないんですよ」

ボランティアチームで町長に抗議できないのかと言ったら、町と対立したら今後の救出活動が出来なくなる、だから何も言えないんだと…。

何も言わなければ家畜はどんどん殺される、でも抗議すればその後の活動が出来なくなって一頭も助けられなくなる。現地のボランティアは、みんなそういう悔し涙を経験している。人間が悔しがるだけならいい。しかし、こうした行政の傲りによって、一頭、また一頭と、日々尊い命が奪われていくことは許せない。現地ボラの涙は、そうした動物達の無念の涙と一体なのだ。

福島の避難区域に限らず、政治さえまともなら、現行法の枠内だけでも、救える命がたくさんある。要は
  • 国の主権者である我々人間が、
  • 動物の代弁者となって、
  • その主権を行使していけるかどうか、
という問題なのだ。

そういう団体を作りたい。「動物解放機構」でも「新党いきもの」でも「アニマルライツ政治連盟」でも、名称は何でもいい。人間の力で、人間以外の生き物の命の権利を政治的に認めさせていく。そういう仲間を集めよう。今は夢かもしれないけど、その核を作るくらいは出来るんじゃないかな。

政治なんて焦臭い事…、と思う人も多いと思うけど、政治が相手である以上、こちらも政治的活動を避けて通るわけにはいかないと思う。ならば政治団体を組織して、堂々と大道のど真ん中を進もうじゃないか。アニマルライツの理念の旗を高く掲げて。

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

2012-06-16(17:48)付のコメントは大きな誤解に基づいた内容であり、かつ、存在しない私の行動に言及されている所から考えて相手をお間違えのように思われますので、非公開のままとさせて頂きます。悪しからずご了承下さい。
個別の記事でなくサイト全体をツイートする場合はこちらのボタンをお使いください
このブログをはてなブックマークに追加
個別の記事でなくブログ全体をブックマークする場合はこちらのボタンをお使いください
ご協力をお願いします
警戒区域の動物救出のための一斉要請アクション・第二弾
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

アッサム山中

Author:アッサム山中
かつては東京にいて、ブルースバンドでギターを弾いていた。今は新潟の山の中に住んで、静かにアコギを弾いている。電気は来てるんだけどねw

@assam_yamanaka
assam_yamanakaのフォローをお願いします

Introduction
震災復興を目指して福島県で開かれた伝説の巨大ロックフェス「ワンステップフェスティバルを再現しようぜ」と呼びかけてきたこのブログですが、今こうした計画を進める事は、原発惨事の規模や被ばくの危険を過小に装う政治の不正に手を貸し、命すら危険にさらしかねません。そこでいったんブログ名を変更、引き続き復興支援に努めつつ、改めてフェス開催の目標に向かって進んで参りたいと思います。よろしくお願いいたします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
外部コンテンツ
Twitter
連絡先
アンケート
動物達を生かすための里親制度ができたら、里親として月にどのくらいの金額なら3年間継続的の支援しますか?(財力と継続的意思がありますか?)
検索フォーム
リンク
Attention
脱原発webステッカー
ご自由にお持ち帰り下さい
複製再配布自由です


リンクバナーではありませんので、どこにもリンクを付けずに画像を貼るだけでOKです
Our Songs
イルカ/いつか冷たい雨が

忌野清志郎/Imagine


RCサクセション/サマータイムブルース~LOVE ME TENDER


共に歌おう。
あなたが歌う時、おいらも歌う。
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。